「3・5 プロ柔術 花鳥風月」開催迫る!

いよいよ開催が迫っている3・5プロ柔術 花鳥風月。トラスト柔術アカデミー・生田誠さんプロデュースのこの大会、所英男選手と勝村周一朗選手による、もっともっと盛り上がらないとおかしいレベルのスペシャルマッチも決定し、気になっている方も多いのではないでしょうか。

この大会、キーマンは、柔術黒帯でMMAファイターでプロレスラーの岡田剛史選手。昨年、岡田選手が主戦場とするプロレス団体「花鳥風月」にて、生田さんがプロレスデビューを果たしたことが、この新たなプロ柔術興行誕生のきっかけとなったようです。

詳しい経緯や想いは、生田さんのFacebookをチェックしていただければと思いますが、柔術の素晴らしさを一般層へも届けたいという、これまでと一貫した強い想いがあるようです!
◎生田さんのFacebookページ

メインカードには生田さん自らが出場し、なんと先日の全日本マスターでの活躍も記憶に新しい金古一朗選手と対戦!これはちょっと普通じゃないですよ。両者は確か過去2戦ほど対戦され、生田さんの勝ち越し、しかしその後の金古さんの活躍については言わずもがなでしょう。

階級などについての記載は特にありませんが、ルールは10分の一本決着、プロレスのリング上でのプロ柔術ということで、いったいどんな試合内容になるのか正直かなり気になっています。

セミには、生田誠の黒帯・岡田剛史選手が、生田兄弟の兄、生田堅固選手と注目の対戦。岡田選手がホームリングでどんなムーブを魅せるのか、あるいは波に乗る生田選手がそれを封じてしまうのか、かなり見所のある展開が予想されます。

さらには、関東より関西での知名度の方が高くなってしまったのではと懸念される、ポゴナ・クラブジムの武井昭博選手が当然かのように出場。武井選手は関西の「プロ柔術MATSURI」に3度の出場経験を持ち、毎回、有名プロレスラーのオマージュで、独特の世界観を醸し出すフットロッカー。今回はプロレス団体が主催する大会だけに、レスラーオマージュは自粛するのか、それともさらにハメを外すのか!?もうどうなっても知りません。

そして弊社サポートファイター、甲斐真由美選手が唯一の女子マッチに出場し、プロレスのリングでも活躍される関友紀子選手と対戦します。先日の全日本マスターに引き続き、2週連続の東京遠征となる甲斐さん。豊富な試合経験を活かし、このチャンスをモノにするのか否か!?応援いかれる皆さん、大MAYUMIコールをお願いいたします。

ここまで煽っておいてなんですが、この3月5日は、本来、自分が関わりそうなイベントが5つも被ってしまうというBad Dayのため、会場へは足を運べず!果たして記録撮影は行われるのか?そこがいちばんの気がかりです。この気になり過ぎる歴史的イベント、ぜひ観戦に行ってみてください!

生田誠プロデュース プロ柔術花鳥風月 忍者WARS
【日時】2017年3月5日(日)
【場所】東京・STAR RISE TOWER(東京タワーメディアセンター内)
【チケット】2,000円(全席自由)

【対戦カード】
◎スペシャルマッチ
所 英男(セコンド:西本はるか)
勝村周一朗(セコンド:宮田翔子)

◎プロ柔術マッチ
関友紀子
甲斐真由美

◎プロ柔術マッチ
篠宮敏久
武井昭博

◎プロ柔術マッチ
松本崇寿
粟野智則

◎プロ柔術マッチ
岡田剛史
生田堅固

◎プロ柔術マッチ
生田 誠
金古一朗

コメントを残す